中年男性の嫌な気になる匂いとは?

すれ違っただけで気になるような“むわっ”とした脂っぽい臭(にお)い。それは30代・40代の男性特有の「ミドル脂臭」。男性自身は自覚がしにくく女性は気づきやすいやっかいな臭いなのです。

30代・40代の男性特有の「ミドル脂臭」。男性自身は自覚がしにくく女性は気づきやすいやっかいな臭いなのです。
年齢を重ねることに伴う体臭はすべてひとくくりで「加齢臭」と認識されがちです。しかし、実際は30~40代の臭いと、50代以降の臭いは別物です。男性の体臭は大きくわけると①汗の臭い②ミドル脂臭③加齢臭と変化しているのです。

20代の汗臭

脇汗を中心とした汗の臭いが最も発生するのは20代。これは基本的には汗が蒸れる臭いなので清潔を心がければ問題ありません。汗臭は歳をとればなくなるわけではありませんが、20代後半になるとそれまでより減っていきます。

30~40代のミドル脂臭

汗の臭いが主となる20代と異なり、30~40代に発生し始める臭いが「ミドル脂臭」です。この年齢に強くなる臭いの原因は頭部とその周辺から発生するジアセチルが原因といわれています。ジアセチルは40歳を中心に発生量が多くなりますが、20代~40代で年齢とともに増加する傾向が確認されています。加齢臭よりも沸点が低く揮発性が高いため、空気中に拡散しやすく微量でも臭いを感じやすいという特徴があり、「古いてんぷら油」「雑巾やドブのような臭い」「腐った焼きそばのにおい」などかなり辛辣な例えが並びます。発酵食品の臭気成分を含みとにかく不快指数の高いのがこのミドル脂臭なのです。マンダムの調査では「夫の体臭が気になりだした年齢は」という質問に対して全体を平均すると37歳という結果が出ています。また、気になるタイミングとして最も多かったのは、夫の近くに居るときが1位に。拡散力の高いミドル脂臭は、近くにいるだけでも気づかれてしまうということです。ミドル脂臭自体は20代半ばから発生し始めているとも考えられています。個人差はありますが、30代になる前なのによどんだ脂っぽい臭いがする?! と思ったら、ケアしてみるのが良いかもしれません。

50代~の加齢臭

加齢臭の原因であるノネナールという成分は、40代以降から発生し始めます。個人差はあるものの、本格的に発生するのは50代以降が統計的には主流で、後頭部・背中や胸などの体幹部分から発生します。発生する期間がミドル脂臭と重なるためひとくくりにされがちですが、加齢臭は古本や青臭いような臭いと言われていますし、拡散力もミドル脂臭ほど高くありません。
これら3種類の体臭が重なる30代~40代。この時期はまさに体臭の混沌期と言えるでしょう。

嫌な臭いが発生するのはどこからか?

かつて、男性の嫌な臭いは耳の後ろから発生していると言われていました。お風呂に入ると耳の後ろを念入りに洗う男性も多いと思いますが、加齢に伴い男性が体臭を気にする部位を検査したところ、ニオイの強さにおいてクサイと感じるレベルに達していたのは耳の後ろではなく、実は頭頂部から後頭部にかけてという結果に!特にジアセチルは後頭部から首筋にかけて発生することがわかっており、アンケート調査でも夫の持ち物で最も匂いが気になるものは、8割の女性が枕と枕カバーという回答をしています。

まとめ
臭いケアというと、ついつい脇や足に注意がいきがちですが、まずは自分が何の体臭を発しているのかを知りそれにあった対策をとることが大切です。ミドル脂臭や加齢臭をケアするなら、まずは頭皮のケアをしてみると解決策が見つかるかもしれません。

【広告】自転車、ヨット関連商品に興味のある方はこちら==>Fortune Shop